No.010「第9話:夏休み特別企画 白さん流のコーチングその一、初めての出会い」



今回のお話は、私が入社3年目ぐらいのお話です。

話がさかのぼりますが、私の小さいころの夢は、学校の先生でした。それは小さいこ
ろ(頃)に見た、あの有名なドラマ「熱中時代」で水谷豊にあこがれて、将来の夢が学
校の先生(笑)になっていたわけです。

まぁ、私の中学高校生活を振り返れば学校の先生なんかなれるわけがありませんし、
大学になんて入れるわけもありません。今考えると、当時の私は、それは小さなころの
夢として心のどこかで消し去ろうとしていたと思います。しかし、その夢が形を変えてか
なおうとした第一関門がこの入社3年目の19歳のころでした。

その当時私はお城の騎士としてパークで働いていました。そこでは尊敬する人たちと
たくさんめぐり合い、いつしか私もあの人たちのような「トレーナーになること」、
「凄いトレーナーになって人にものを教える仕事がしたい」と自分の夢とオーバーラ
ップしていました。

このパークでトレーナーになるためには、人事考課もありますが、第一関門として、
他のセクション経験が大事です。それには配属先の異動経験でも良いし、3ヶ月のク
ロストレーニング(登録先はそのままで、3ヶ月間だけ他のセクションを経験するこ
と)でも良いわけです。

ちょうど19歳のころ、責任者から私に「トレーナーになるためにクロストレーニン
グに行ってみないか?」と話があったのです。
正直すごく嬉しくて、飛び上がりたいほどの喜びでした。

私は二つ返事で了解し、その責任者の人の話を聞きました。

「クロストレーニングの先は、ゴーカートのアトラクション。そこに責任者の白田さ
 ん、通称『白さん』がいるから、きっと勉強になるぞ!!」

「あっそうそう、初日に必ず自分の顔写真を2枚持ってイケよ」

「勉強になるかぁ……。いったいどんな人なんだろう。写真持って来いって何でだろ
 う???」などと考えながら、いよいよクロストレーニングの初日を迎えました。

このパークでは、どの役職、正社員・アルバイト問わず、新しく入った従業員は、必
ず通常通りのトレーニングを受けます。トレーニングの初日には、どこのセクション
であっても、そのセクションの担当責任者との面接が15分間あるのですが、そこで
始めて私があの白さんと会ったのです。

「お〜ぉ!!香取くん。白さん待ってたよ〜。(^o^)丿」
「あっどうも、始めまして」
「もうね、白さん香取君が来るのを首を長くして待ってたんだよ。ほら。」
(と言いながら首を伸ばしてしている)実は白さんの首は短い(笑)
「あっ ありがとうございます。」
「さぁそれじゃあさそっく、写真見せてよ。」
「はい、どうぞ」
「そうか、香取君は彼女いるの?
 どこ生まれ?
 何が好き?」

そして15分間がそのようなやり取りですぎ(過ぎ)白さんとの面接が終わりました
。その後、私は担当のトレーナーについてトレーニングを続けました。すると、そこ
にまたまた白さんが登場。

「ジャン・ジャジャ〜ン!!見てみて!! 完成したよ〜。」

白さんが手に持っていたのは、さっき渡した私の写真を切り抜いて紙に張り付け、白
さんが派手に加工したものでした。

そこにはこうかかれています。

・お待たせしました!!「白田ファミリー」またまた誕生!!
・ゴーカートの貴公子!!「香取 孝信」デビュー
・主なプロフィール(出身地や趣味などなど、面接で聞かれたことが書かれている)
・白さんの調べによるとまだ彼女はいないらしい(>_<)。現在大募集中!!連絡は白さ
 ん事業部まで……

とそんな内容でした。

正直私は言葉を失い、頭の中では「なんだこれ……」です。

すると白さんは、

「これに香取君のキャッチフレーズを入れて、事務所に貼るんだよ!! だからさ、キ
 ャッチフレーズなんかないの?インパクトがほしいんだよね!!」

「ひげ書いちゃおうかなぁ。帰りまでにキャッチフレーズ考えといてね(^.^)」

ビックリでした。

トレーナに聞いいてみると、「あれは白さんの趣味。でもねああやって、白さんが新
人スタッフをみんなに紹介して、新人スタッフが早くみんなと打ち解けられるような
るのよ。だからね、白さんって新人が来るのをいっつも楽しみにしてるんだよ。本当
に。」

なるほどでした。
白さんの人柄はおおらかで、とっても人懐っこい人。だから何だか温かを感じてしま
うのです。私は初日から一発で白さんの虜になってしまいました。

そしてこの日から私が白さん流の楽しくユーモアあふれるコーチングを体験するので
す。

余談ですが、2枚合った写真のうち1枚は事務所に貼って、もう一枚は白さんが綺麗
にファイルして、老後の楽しみにためているそうです。結構溜まったろうな(笑)

トラックバックURL: http://www.e-storybank.com/mt/mt-tb.cgi/332
2005年06月15日 00:43 |メールマガジン(バックナンバー) | トラックバック(1) コメント(0)



http://eproflightsimulator.com/ from http://eproflightsimulator.com/

【香取感動マネジメント 】 [続きを読む]
トラックバック時刻 : 2013年06月09日 09:37

この記事へのコメント


コメントを送ってください




情報を登録する?