2007.02.01「こころのぬくもり」

「私の路」
 
 私の路はお友達が歩く小さな路とは違う。

 私の路は車が走る大きな路とも違う。

 山を登る時、私は私だけの路を歩くのが好き。

 山を降りる時、私は小鳥達と一緒に歌う。
 
 もしあなたも私の路を歩いてくれるならば、

 私と小鳥達の歌が聞こえるはず。

 歌を聞けば路が長くても疲れない。

 私は私の路を歩くのが好き。


上記の詩は、昨日の昼、僕の友人でもある井上さんからもらったメールの中で紹介されていた、ある少女の詩です。

井上さんとは、以前にがんばれ社長の武沢さんのメルマガ読者の会『非凡塾』で京都の代表をしていた方です。

現在は、僕の尊敬する経営者の一人の鶴岡さんがたった一人で立ち上げたプロジェクト『伝説のホテル』造りを行っている、ザ・レジェンド・ホテルズ&トラスト株式会社にいます。

そんな井上さんからメールをもらいました。


トラックバックURL: http://www.e-storybank.com/mt/mt-tb.cgi/408
2007年02月01日 03:02 |日記 | トラックバック(122) コメント(2)