2007.02.02「会社の利益と赤ん坊の命、どっちが大切だ!!(森永)」

コレは結構有名な話ですが、以前北九州の伝説の美容室バグシーの久保さんから教えてもらいました。

「香取くん、森永ってお菓子の会社あるでしょっ、知っとう?」
「はい、もちろん知ってますよ」

「あの会社は凄かねぇ〜」
「えっ!? どうしてですか?」

「昔、関東大震災があったでしょ、そん時、森永さんの会社も工場もぼろぼろなってしまったんだって、そんで、残されたんは、ぼろぼろの工場にあった、粉ミルクだけやった。

それを知った、創業者で社長の森永さんは、役員を集めて『無事だった粉ミルクを今すぐ被災して困っているひとに配ってこい!!』って命令したんだって、それを聴いて、役員の人たちも色々考えるわけよ。『このままやったら、会社も倒産してしまう。でも、幸い商品である粉ミルクは結構残っているし、社長の言うとおり半分を、被災した人に寄付して、もう半分を売って何とかこの急場をしのいで、その間に工場の復興をしよう』ってね。そりゃそうよね。だって、関東大震災でなんもかんもなくなってしまったんやかい、それしか会社を存続させる方法はなかでしょっ!!

でね、直ぐにこのことを森永社長に報告すたんだって、『社長の言うとおり、無事だった粉ミルクの半分を被災された人たちに配りました。工場は壊れてしまっていますが、残り半分の粉ミルクがありますので、何とかコレを売っていけば、工場の復旧までは日銭も稼げて大丈夫だと思いますのでご安心ください』てね。それを聴いた社長の森永さんが激怒したって言うんよ!!」

「激怒!? ですか……」


トラックバックURL: http://www.e-storybank.com/mt/mt-tb.cgi/410
2007年02月02日 03:12 |日記 | トラックバック(22) コメント(1)