| 2015年05月 | 2015年04月 | 2015年03月 | 2015年02月 | 2015年01月 | 2014年12月 | 2014年11月 | 2014年10月 | 2014年09月 | 2014年08月 | 2014年07月 | 2014年06月 |

2008年06月の日記

2008.06.19「今日は岐阜県立大垣西高校に行って来ました」

今日は岐阜県立大垣西高校の全校生徒さんの前でお話しをさせてもらいました。
何を伝えられるんかなぁって考えたけど、最後はやっぱり加賀屋の話をしてみました。

特に伝えたかったんは、もしみんなに夢ややりたい事があったら、ガンガン言いふらして欲しいなぁって事。きっと言いふらす事が夢を実現する近道だと思うよね!!

自分のやりたい事、成りたいことを誰にも言わんで実現するのもかっこいいけど、言ってしまったらきっと反応があると思う。

その反応の中には、『お前、そんなん無理』とか『なに格好つけてんの、今のお前ができる訳ないじゃん』
って笑われるかもしれん。

でんね、そんな反応は気にせんでいいし、それは今まで自分が投げた玉が帰ってきただけだから、素直に『そりゃぁ、そうよな(笑)』って笑い飛ばせばいいと思う。

それでも、色んな反応の中にも、きっと応援しようとしてくれる人もいる。
その1番が親や兄弟なんかの家族、彼氏や彼女とか大事な友達と思う。

身近な人だからこそ自分の事を考えて、最初は心配から反対の反応をするかも知れない……。でもそれは自分の本気の思いが伝われば、最後は一番の応援団になってくれるはず!!

もし、両親に自分が本気でやりたいことなのに反対されても、それは心配から言ってくれている事で根っこのところは愛情やから、まずはその心配を取り除いてあげたらいい。

文昭さんから教わった言葉、これを使おう!!

続きを読む
トラックバックURL: http://www.e-storybank.com/mt/mt-tb.cgi/460
2008年06月20日 02:21 |日記 | トラックバック(4) コメント(7)