| 2010年01月 | 2009年12月 | 2009年11月 | 2009年10月 | 2009年09月 | 2009年08月 | 2009年07月 | 2009年06月 | 2009年05月 | 2009年04月 | 2009年03月 | 2009年02月 |

2009年09月の日記

2009.09.08「リーダーに必要なスキルは、アートとサイエンス!!」

今日は潟uレインさまの紹介でAIR Japan SUCCESSOR FORUM 2009にて若手経営者・後継者部会の皆さまの所へ参加させていただきました。若手経営者の皆さんが対象と言う事で、僕と同世代または、ちょっと先輩の方々が日本全国から多数出席されての勉強会&交流会でした。

参加されているのは、AIR Japanの保険を扱っている、自動車整備業・販売・SSの方々です。近年若い人達が車やバイクから離れていて、自動車業界も苦しい状況が続いている中、同じ業界の人達が一緒になってこの苦境を乗り越えて行こうと言う感じです。

中でも、後継者部会の代表の方のスピーチで印象的だったのは、自分のお店は長崎にあり、冬でも九州ではめったに雪が降らないわけですが、ここの所の異常気象で長崎にも雪が降り積もった事があったそうです。

当然、雪が降らない場所に降り積もるわけですから、大変な事になるわけです。車もスタッドレスがなければヤバいという状況の中、自分のお店でも近所のお店でもスタッドレスタイヤの在庫なんかなく、どうしようと思った時に、この後継者部会で仲良くなり交流のある新潟の経営者の方を思い出したそうです。

すぐさま電話をかけ連絡すると、二つ返事で『スタッドレスならいくらでもあるから今からうちのトラック便で送るよ』と言ってもらえたそうです。こうした勉強会に参加していて、一番の収穫は同じ思いで日々を過ごし、場所は離れていても一声かければいつでも助けてくれる、そんな最幸の仲間と出逢える場所なのだと、おっしゃっていました。

本当にそうだよなぁって思います。
そんな経営者リーダーの方々を前にお話させていただいていると、リーダーに必要なスキルを教えてもらった時を思い出しました。

今日はそのリーダーに必要なスキルについて書いて見ようと思います。

続きを読む

2009年09月08日 07:35 |日記 |コメント(0)

2009.09.07「1000円のプレゼント♪」

今日は東京でNECさんのCSセミナーに参加させていただきました。知らなかったのですが、NECさんには、宇宙防衛と言う事業部があるそうで、一瞬聴いたら「宇宙防衛軍」みたいで、ウルトラマンに出てくるようなカッコいい部署を想像してしまいましたが、実は宇宙開発と日本の防衛省などの志事をしている部署だそうです。

僕らの知らない所で、日本とそして宇宙の為に顔晴っておられる人がいるんだなぁって感動しました。

セミナーは一日通して行うのですが、午前中は僕の経験した中でのお話させていただき、午後は実際にサービスマインドを再認識していただく為に、1000円のプレゼントの実習をさせてもらいました。

先ほどのように日本や世界の未来に携わるお志事から、僕らの身近な所でなくてはならないソフトウェアの開発をされていたり、バリュースターなどのパソコンに関わるお志事をしていたりと、多種多様なお志事をされている方々が集まってのセミナーでしたが、参加者の皆さんが本当に真剣に参加されていて、また担当者の方も強制で出席させるのではなくて、是非自分から主体性を持って参画してもらいたいとの願いから、参加表明をして上司やチームの承諾を受けて集まった方々なので、最初からテンションが最幸で、最初から最後までクライマックスで行けました!!

本当に感謝です。
特に、僕も毎回楽しみにしているのは、午後の実習なんです。前に本にも書いた事があるのですが、以前shuu研究所時代に受けた研修で、元は広告会社さん主催の企画塾で、企画力を上げる為の内容なんです。

どんな内容かと言うと、大切な人に贈るプレゼントを企画し、実際に企画したプレゼントを時間内で揃え、帰ってきて皆の前での発表をしてもらうと言う実習なんですねぇ。ただし、ただプレゼントの企画をして揃えてもらっても面白みがないので、そこには予算の制限をつけるんですね!!

そのプレゼントに使用して良い予算が1000円なんです。
研修の中の限られた時間と予算の1000円で、どこまで大切な人に感動してもらえるプレゼントを用意出来るかを体験してもらうんです。

でも、よく考えてみると、研修中は勤務内だったりするわけですから、勤務中に会社から外に出て、自分の大切な人へのプレゼントを買いに行ってもらうなんて、よく会社はOKしてくれたなぁって思います。しかも今もの凄く大変な環境にある中で、ここをOK出来る会社ってそんなにないんじゃないかなぁって思います。

改めて、この実習を会社に通した、担当者の勇気と本気、そして、それをこの環境の中でOKしてくれた会社の懐の深さに感動します。きっと本気でCSを会社のDNAに浸透させようと腹をくくってるんじゃないかと思います。

過去にもこの実習では、僕自信が発表を聴いていて感動して、思わずホロってしまったプレゼントがいくつもあります。その中でも一番印象に残っているのは、パチンコ店でのものでした。

続きを読む

2009年09月07日 12:10 |日記 |コメント(1)

2009.09.04「変態登山家、栗城のチャレンジ!!」

今日は大阪でJR西日本さんの社内勉強会に参加させてもらいました。きっかけは空心山根さんを通して、僕の相棒、加賀屋君が講演をさせてもらい、その後に香取さんの話もって事で、参加させてもらいました。

相棒の加賀屋君は、大の電車オタクでもうJRさんで講演出来るんなんて夢のようだとはしゃいでいて、しかも彼の電車への愛情を胸に、志事の意味、特に働くと言う事をテーマにお話させてもらったようで、それを聴いてから僕なので、本当に最初から最後までクライマックスでした!!

参加されていた方々は、午前中にホテルのサービスを学び、その後に僕のお話だったので、本当はずっと椅子に座って話を聴く事ばかりで、身体は疲れ切っているはずなのに、それでも真剣にメモを取りながら僕の話を聴いて下さいました。感謝です。

JR西日本さんはあの事故から、安全を第一に考えながら必死になって失った信用を取り戻そうと現場のスタッフの方々は顔晴っておられて、その中でもサービス向上に努め、安全であり安心して利用してもらえ、親しみのある対応で顔晴って行こうと言う事で、色々と勉強されているそうです。

事故については取り返しのつかない、大変な事ですが、ここを本当に教訓にして、生まれ変わる事が一番大事なんだと思います。だからこそ、応援していきたいって思えました。変わる事は大変かも知れません。でも決してあきらめずに前に進んでほしいです!! 是非、顔晴って行きましょう。応援しています。

人間一人の力は小さいかも知れませんが、それでも勇気を持って一歩踏み出すことで、必ず前に進みます。そんな当たり前だけど、もの凄く勇気のいる事を僕らに見せてくれる変態が居ます。
それが、僕が尊敬し応援している、変態登山家“栗城”です!!

今日は栗城の事を紹介しようと思います。

続きを読む

2009年09月04日 11:49 |日記 |コメント(0)

2009.09.03「耕せニッポン!!」

今日は愛知県の豊田市で、三菱東京UFJ銀行の豊田支店の皆さんの勉強会に参加させてもらいました。会場では行員の皆さんが温かく迎えてくれて、最後まで熱心に僕の話を聴いて下さいました。

受付の人や司会の人達が、東京ディズニーランドで売っているミニーちゃんのカチューシャなどをして僕を迎えてくれました。パーク外では使い道のないあの商品(笑)をこうして使ってもらえて嬉しかったです。ありがとうございま〜す!!

考えてみると、銀行と言うお志事って本当に大切な無くてはならない、お志事なんだなぁって思います。だって、もしも明日から銀行が無くなってしまったとしたら……。先ずはお志事をさせてもらった後のご請求です!!

現在は依頼された志事をして、その後に相手先の会社へ請求書を郵送して、請求額を相手の方に振り込んで頂いているのですが、これが無くなるわけです。そうすると、請求書を郵送した後に相手先の会社を周り、お金を集金しに行かなくてはならないわけで、お取引をさせてもらっている会社が遠くになればなるほど、そこの時間を考えるともの凄い事になってしまうわけです。

そこに関わる時間と労力を考えると、もうそれだけで莫大になってしまいます。
更には給与にしても同じで、現在では会社の経理担当が給料日に必ず、社員の口座へ給与が振り込まれるようにしているのですが、これが手渡しとなるわけです。当然社員一律の額ではないわけで、人によって社会保険や税金なんかの金額も違うわけで、それぞれに袋詰めして給料日当日にきちんと渡さなければ大変な事になってしまいます。

こんな風に考えると、その手間と労力を間違いなく的確に行ってくれる銀行の皆さんが居なくなったらもう大変ですもんね!! そう言う意味では、銀行の電子マネーの仕組みや、全国どこにでもあるATMの仕組みも誰が考えてくれたのかわかりませんが、本当に感謝ですね!!

やっぱり志匠の言うとおり、世の中には不必要な志事なんかない。って言うのは本当だなぁって思います。銀行の皆さん、ありがとうです!!

そして、世の中には不必要な志事も無いし、同じように世の中には不必要な人間も居ないし、皆それぞれの役割を持って生れて来ているんだって信じて生きたいって思います。

そんな中で、僕の敬愛する兄貴!! 中村文昭さんがやっている“耕せ ニッポン”を紹介したいと思います。

この耕せニッポンは、文昭さんが考えアクションを起こしていて、僕もそれを何とか応援したいって考えてます。どんな事をしているのかと言うと、ニートや引きこもりを集めて農業をやっているですねぇ〜。その考え方が最幸で思いっきり共感しました。

続きを読む

2009年09月03日 11:35 |日記 |コメント(0)

2009.09.02「大人が変わると、子供が変わり、子供が変われば未来が変わる」

今日は僕の大好きな“空心”の山根さんと一緒に、岐阜県にある東海中央病院さんのCS勉強会に参加させてもらいました。山根さんに聴いたのですが、この企画は、一人の看護師さんが僕の本を読んでくれていて、そこからいつか僕の話を聴いてみたいと思い、病院に掛け合って実現出来たそうです。本当に感謝ですね!!

会場に入ると、病院内の会議室なのに、そこの壁にはミッキーやミニーなどのキャラクターの絵が張ってあったり、僕の所にあるマイクには、ダンボなどの小さなぬいぐるみ型の洗濯バサミなどが挟んであって、まさしくディズニーに!!

そんな感じで会場内も盛り上げてくれたので、もう講演が始まった時から、完全にホームな感じでもの凄く話しやすい雰囲気を作っていただけました。本当に感謝です。

そして何より、嬉しかったのは、その会場の一番前に院長先生が座って、一番熱心に僕の話に耳を傾けてくれた事です。本当は、所要で途中までしか居れないって伺っていたのに、最後まで居て下さり、本当に病院をもっと良くしたいんだって言う本気が伝わってきました。

本当に感謝です。ありがとうございました。
リーダーの本気が、チームに伝わり、リーダーの本気がチームを良くする。
この言葉の意味を教えていただきました。

病院と言う場所は、テーマパークとは正反対で、そこにいらっしゃる患者さんのほとんどは、そこに居たくて居る人ではなく、何か自分の身体に問題があるから、くる場所であって、本当は、行きたくはない場所なんだと思うんです。しかも、ちょっとした失敗の許される現場ではなく、常に命と言う大きなリスクの中で、絶対に油断できない手を抜けないそんな場所なんだと思うんです。

その緊張感のある場所で、いつも相手の立場に立って優しく接したり、時には心を鬼にして厳しく達振る舞わなければならない、難しいお志事だと思います。そんな中で、もっと患者さんの為にと勉強その姿勢に、まだまだ僕も顔晴らなくてはいけないなぁって思います。

これからも、まさしく天使のお志事、顔晴って下さい。応援していま〜す!!

って事で、今日は僕ら大人が常に成長を続けることの大切さを学んだお話をしてみようと思います。

続きを読む

2009年09月02日 10:27 |日記 |コメント(2)

2009.09.01「言えなかった、ありがとう」

こんにちは!! 
実はそうっとブログを夏休みなんて思って、1ヵ月休ませてもらっていました。チェックしていた人達から、散々メールをもらっていて、本当すみませんでした。また、そうっと始めます。

人間は繰り返すことによって、一定期間過ぎるとそれが習慣となり、繰り返さないと気持ち悪くなってくると聴いて、じゃぁいったい僕の場合は、その気持ち悪くなるのは何カ月なんだろうと実験していたのですが、3か月では気持ち悪くならずに、めんどくさくなってしまいました……。

やっぱりだめですねぇ……。めんどくさくなってしまった理由はドラクエなんです……。
ゲームにハマってしまいました。やっぱり僕はゲームに弱いと言う事実がわかりました。反省。

取りあえず、ドラクエもひと段落したので、ブログを復活させてみます。皆さん、DSはヤバいですよぉぉぉ!!

と、言う事で9月1日の今日は、台風後と言う事もあり、海に来て新しい本の原稿書きをしながら、久しぶり台風でサイズのある海で波乗りさせてもらっています。やっぱり海は最幸ですねぇ!!

今日はちょっと僕の生い立ちや、横に母ちゃんもいるので、今まで恥ずかしくって言えなかったありがとうを交えて、書いてみます。

僕の格闘技好きは、小学校の頃でした。TVで放映されていたプロレスに魅了され、中学校までの僕の夢はプロレスラーでした。当時衝撃的だったのは、タイガーマスクと言う伝説のプロレスラーで、繰り出される四次元殺法にもう大感激です。

小学校でも、プロレスは大人気で、クラスの男子は休み時間になればプロレスって感じで、特にハマってしまった僕らは、少ないおこずかいを貯めて、あるいは誕生日やクリスマスにお願いをして、プロレスラーのつけている覆面を買いました。そしてアホな僕らは、今日から俺たちはマスクマンって事で、絶対に正体がバレてはいけないんだとか言って、それから毎日覆面で登校し、授業中も覆面をかぶって先生に叱られるなんて事をしていました……。

今考えるとヤバいですね。だって、覆面をかぶってランドセルを背負った小学生が、朝登校するその姿をイメージしてみて下さい。もう最幸にアホでしょっ!! それに正体がバレないようにって……。名札ついてるし(笑) 教室で席に座れば誰だかばれるのに……。

隣の女子からはあきれ顔で、『香取くん何やってのそんなのつけて』って大失笑です。しかし僕らは真剣なので、『香取って誰の事だ!! 俺は昨日メキシコから来たルチャの使者で、マスカラスの実弟ドスカラスだ!! 覚えとけ!!』って、もろ日本語じゃんって(笑) アホそのものです(笑)

そんなアホな小学生時代だった僕を生んでくれたのが、僕の母ちゃんでした。

続きを読む

2009年09月01日 22:39 |日記 |コメント(3)