ブログ

2019.07.02 夢をファッションに!!する為に生きるな!!

先日、志匠臥龍先生のメルマガ”社長のビタミン”5000号発行記念パーティーに参加させてもらいました。

 先生を慕う方々との会食は楽しく、やっぱり同じ志を持つ同志との時間は本当に楽しい時間でした。

そしてその最後に、ギター一本で歌い上げる森源太のライブでした。

 

源太の唄も最幸なんですが、唄う前に話してくれた源太のエピソードが魂に響きました。

 

源太は長崎で生まれギターと出逢い、自分のギターと唄で勝負しようと東京に出てきます。

池袋の路上に立って毎日毎日、自分の創った唄で路上ライブを繰り返します。

 でも、世間はそんな源太の唄に振り向き、足を止めて耳を傾けてくれなかったそうです……。

路上にたって唄えば唄うほど自己肯定感の下がる日々……。ハートの強い源太も人の子です。

何とか自己肯定感が下がるのを止める為に、矢印を外に向けるんです。

 

「おいの唄が違ってるんじゃない……。

街を歩いている皆が悪いんだ……。

ちょっとでん、足ばとめて聴いてくれても良かろうが……」

 

気が付くと毎日毎日、文句ばっかりの日々……。

1年池袋で路上をやってお客さんはゼロ……。

 

このままではいけない、何か変えなきゃって思いついたのがチャリンコで日本一周。チャリンコで日本一周したら何かが変わるかもしれないと、なけなしの金を持ってチャリンコ屋へ。

 

少ないお金で買えたのはママチャリ……。

それでも、何かを変えようと漕ぎだしたです。

 

するとチャリンコで日本一周しながら唄を創って唄っている源太に共感したり、面白がってくれる人達と出逢います。

 

そんな中、源太の人生を変えてくれる出逢いがありました。

その方が源太の唄を聴き話してくれた事が源太の人生を変えるんです。

 

「源太、お前は何の為に生まれて来たんか?」

「……何の為にですか……。正直わからんです」

 

「そうか、じゃぁ質問を変えようね。

お前は、腹いっぱい飯ば食う為に生まれてきたとか?」

「……飯は食いたかけんが……そん為に生まれて来たとではなかとですっ」

 

「そうよなぁ~。

飯ば腹いっぱい食う為に生まれて来たとやったら、そりゃ動物園やもんな。そりゃ人間じゃなかとぞ」

「はいっ」

 

「そいやったら、源太お前は何の為に生きていきたかぁと思う?」

「おい、唄を歌って、聴いてくれた人達を元気にしたり、癒したり、感動してもろうたり、とにかく唄を唄とうて生きていきたかです」

 

「うんうん、それで良か!!

そしたら、お前は唄を唄うて、今先も生きていけ!!

もう、バイトとか中途半端な事すなっ!!

唄だけで生きて行くって決めて、それをやっていけ!!

 

世の中にはよ、夢をファッションのようにして語るやからがおる。

お前はそんなやからになったらいけんよ。本気で唄だけで生きていくその姿で夢を語るんよ。」

 

この時に源太の腹は決まったそうです。

自分の人生、唄だけで生きて行くと覚悟を持ったそうです。

 

それから20年、正直苦しい時も、食えない時もあったりして、くじけそうになったけど、それでも唄だけで生きてこれたのは、あの時に中途半端だった自分の覚悟を決めてもらったあの人のお陰ですと、嬉しそうに話していました。

 

“夢をファッションで語るな!!”

 

きっとそれは、中途半端に夢を語るんじゃなく、覚悟を決めてその夢を実現する為に、全力で生きていけって事なのかも知れないですネ。

 

僕の心の中に、『香取、お前は何の為に生きて行くん?』って声が聞こえました。

 

あなたは何の為に生きて行きますか?

 

———————————————–

「いちばん大切なことは、

  いちばん大切だと思うことを

     いちばん大切にすること」

リニュアル 新版

「社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった」

20万部越えの伝説本が6月16日にリニューアル発売!!

お買い求めは、お近くの書店へ

お急ぎの方はアマゾンへ https://amzn.to/2K9o426

Go for it !!

「行くしかねぇだろ!!」

香取感動マネジメント 香取 貴信

〒130-0022

東京都墨田区江東橋5-2-21-101

webmaster@e-storybank.com

Tel&Fax:03-3635-6655

———————————————–