ブログ

「成幸は掴みにいったらダメ、叶えさせていただくものだよ」

今日は、僕の相棒でもあり、ディズニー時代からの親友でもある加賀屋くんがやっているお店「加賀屋ラ ーメン研究所」に朝の仕込みから閉店まで一緒にさせてもらいました。
加賀屋くんは僕の本や講演でもおなじみのディズニー博士です。とにかく凝り性でコレってもんはとことん追求しないと気が収まらないんですね~。ディズニ―の他にも幼いころから大好きだった電車模型は鉄道博物館なみのコレクションをもっていたり、ラーメンが大好きで暇さえあれば気になるラーメン屋さんを食べ歩き、しまいには自分がコレって思ったラーメン屋さんのラーメンを自分でも作ってみたいと思って、ラーメン屋に修業に入ってしまうほどです(笑)
過去には、香取に美味しいラーメン食べさせてあげると、朝から我が家の庭で骨を砕くところから始め、出来上がったのは夜でした……。まさか昼には食えるだろうと思っていたので、昼過ぎに聞いてみるとこれからスープを煮込むから夜まで待っててね。美味しいからねぇ〜って、もう本格的でしょ(笑)
そんな加賀屋くんが、ちょっと相談があると言ってきたのは2010年ごろでした。
彼も僕と同じようにセミナーの講師をしたりしていて、会社は順調だったのですが珍しく真面目に僕にこんな話をしてきたんです。
「香取、僕らの仕事は人気商売でしょっ、今はいいけど人気が無くなったら仕事も無くなる。浮き沈みのある仕事だからさ、いつでも安定してるものをやった方がいいかなぁって思ってね」
「はぁっ、何言ってんだよ。そんなの心配してたらなにも出来ねぇじゃんか。全ては行きあたりバッチリだからよ。大丈夫だろ(笑)」
「いやいや、真剣に考えてるんだよ。それで俺、ラーメン屋をやろうかなって思ってね」
「えっ加賀屋、今の仕事をやめてラーメン屋やるの?」
「そうじゃなくて、セミナーの仕事とか入っていない時に、ラーメン屋をやって少しでも収入の足しになればなって……」
「はぁっ!! お前アホかっ!!
そんな中途半端にやって、上手く行くはずなかろが!! お前なめんなよ。
日本全国のラーメン屋さんは、真剣にラーメンだけを必死に作ってるから成り立つんだろ? 修行はしたって言っても、趣味で片手間でやって上手く行くわけねぇじゃねえか。やるならどっちかなんじゃねえのかっ!!」
「……。うん、やっぱりそうだよね」
その時は、加賀屋が思いつきで言ってんじゃないのかって受け取っていました。
それでも、あいつがラーメン屋をやって失敗しない方法はないのかを考えてみたんです。
飲食店のリスクは、在庫を持ってやるわけで、しかも飲食店の在庫には賞味期限もあり長く保存出来るわけでもない……。となるとお店が繁盛しない限り在庫を抱えてロスしてしまう。そうならずにラーメン屋を出来る方法はないか……。
そして思いついたのが、厨房カーと受注生産でした。
「加賀屋、お前ラーメン屋やりたいって言ってたじゃん。いいこと考えたんだよね。
厨房が付いている車があるじゃんか、あれを中古かなんかで探してよね。セミナーとかで呼ばれたところで、イベントとしてラーメン何杯で受注してそこだけでやれば、ロスも無くなっていいんじゃねぇか?」
「う~ん。ありがとう。でもさ、そうじゃなくてやっぱりラーメン屋をやってみたいんだよね」
なるほど、加賀屋は本気だったんだなって気付きました。
それならと、加賀屋に以前、北川八郎先生から聞いたお話をしたんです。
「加賀屋、昔北川先生の話を聞いたじゃん、夢や成功は掴みにいったらダメだって話。覚えてる?」
「あぁ、うん」
「北川先生と一緒にお逢いした時にさ、『加賀屋くん、夢や成功は掴みにいったらダメだよ。夢や成功はね、叶わせて頂くもんだよ。
掴むん言うんは上から手を広げて掴むでしょ。掴んだものが大きくても一応掴めるんだよね。でもね、それが大きければ大きいほど疲れるでしょ。だから疲れて手放すよね。
反対に頂くって言うのは両手の掌を広げてお天道様にむけて、そこに乗せてもらったもんだから、そんなに大きくはないけど、頂いたもんは大切に大切にするもんね。だから、叶わせていただくんだよ。』ってさ、掴みに行くってのは、何が何でもラーメン屋をいついつまでにやるぞって事だと思うんだよね。だからさ、今直ぐにって事じゃなくて、ラーメン屋をさせていただければいいなぁ~って思ってたらいいのかもね。そしたら周りから『加賀屋さんラーメン屋さんやりたいなって言ってましたよね。実は……』って言ってもらえるかもしれないじゃんか‼」
以前、北川先生に教わった夢や成功は掴むんじゃなくて、叶えさせて頂くもの。
確かに、目標や夢の実現に期限を設定して、そこからの逆算でいつまでに何をすればいいのかと言う風にして行く事も大切ですが、それをやり過ぎると、その決めた期限に拘るあまり期限を優先して周りの声や状況を正しく判断出来なくなります。周りが『来年の4月って言ってたけど、4月は○○がこうだから止めておいた方がいいんじゃない』って言う声が聞けなくなってしまうわけです。結果4月に実現できたけどうまく行かずに離してしまうってことなんだと思います。
加賀屋くんの凄いところは、素直に話を聞いて実行出来る所なんです。
その後、加賀屋くんは言われた通り、いつかラーメン屋をさせていただきたいんだよねぇって言っていたらまい込んでくるんですよねぇ~。
ちょうどプロセミをやっている、だっちょさんから『うちのセミナールームの横に居抜きの居酒屋さんがあって、大家さんが誰かいい人に借りてもらいたいんだよねって言ってるんだけど、加賀屋さんラーメン屋さんやりたいって言っていたよね。どう?』って話が‼
そうするとまた『震災でお蕎麦屋さんのお店を流されて、もう歳だから再建できないので、水はかぶったけど洗えば使える厨房機器があるんだけど、だれか心ある人に譲れたら』って話がまい込んできます。
お蕎麦屋さんの厨房機器ですから、当然ラーメンにも使えますもんね。その他にも冷蔵庫なども譲ってもらえるんです。ほんと凄い奇跡が次々と起こります。
「加賀屋、それはきっと叶えさせて頂くってことだから、やらせて頂いてもいいなじゃないか?」
「うん、そうだよね!!」
嬉しそうなその時の加賀屋の顔は今でも覚えています。そして、更に加賀屋の凄いところがここから始まります。
僕は当然、ラーメン屋さんは加賀屋がセミナーの無い日に営業するのかと思っていましたが、加賀屋からの話に脱帽でした。
「ラーメン屋さんなんだけどね、名前は加賀屋ラーメン研究所ってしようと思う」
「おぉ~いいんじゃない」
「研究所だから僕の大好きなラーメンを研究する場所にしたいんだよね。だから、お世話になった皆さんにセミナーが開催される日だけ、そのセミナーに参加された方や、僕の知り合いに声を掛けて、僕が作っ たラーメンを振る舞おうと思うんだ」
「ん? って事は、営業しないって事?」
「そう、趣味で研究するラーメンだからお金は取らない。セミナーとかでお世話になった人達にお礼ってことにしようと思う」
「加賀屋、お前ぇスゲェな!! 
それは良いかもね。そうしてやれる範囲でやって、もし皆からもう十分だよ。加賀屋さんもうお金取ってよって言われたら、そん時に商売としてやればいいもんね。でもやっぱスゲェよな」
「うん、僕もそう思うんだ。皆からそう言ってもらえるように、売り物になるように研究して行こうと思うよ」
そして加賀屋ラーメン研究所がスタートしました。
セミナーの後に懇親会でラーメンを振るまう、セミラーなんて言われて多くの人に喜んで頂き、とうとうその日がやってきました。 
2014年研究所をはじめて2年間が過ぎた時、とうとう加賀屋のラーメンを食べてくれた多くの人から言われます。
「加賀屋さん、もう十分ですよ。営業してください。私達お金を払って食べにいきますから」
そして、大家さんからも
「加賀屋さんのラーメン美味しいんだけど、もっと近所で食べたいって人が居るから営業してくださいよ」
凄いです。継続は力なりですね。
そうして本格営業をはじめるのですが、ココがまた凄いんです。
「香取、いよいよラーメン屋を営業しようと思うんだよね」
「おぉ~凄いね。いいよね」
「それでね、営業するのはセミナーがある日の夜と、僕が空いてる水曜日でやろうと思う」
「えっ、水曜日が定休日ってことじゃなくて?」
「うん、このならびにある飲食店さんとかが、水曜日定休日だからそこでやらせてもらおうと思って」
「どういう事?」
「並びの居酒屋さんのお客さまを取ってしまっては申し訳ないもんね(笑)」
もう突き抜けていますね。
そしてお店は、今日までそんな感じでやるわけです。
通りから外れた、わかりずらい場所にあるにも関わらず、ご近所の方や加賀屋の人柄にほれた人達で営業日には、お店の中に沢山の笑顔が広がっています。
後2年で50歳を迎える俺と加賀屋くんですが、これからの事をお互いに考え、何をこの2年で勉強して50代を過ごすのか、それを考えた結果、やっぱり本業に集中していこうと言う事で、2019年の6月に一旦お店を閉める決断をしました。
そして今日、それをみんなに伝えると、集まったみんなから口ぐちに閉めないでって言う声が……。
さらに、それだったら、加賀屋さんが閉めた後は、皆で家賃を出し合って、またいつでも始められるように待ってるからって声が……(涙)
やっぱり投げた球は返ってきますね~。
ホントに加賀屋くんを尊敬しました。