2020年3月10日「ドラマチック・マネジメントアワード(高い高い目標)」

先月、櫻井の紹介で、森さんのやっているドラマチック・マネジメントアワードに行ってきました。
この勉強会は、会社の掲げる目標以上の「高い高い目標」を追いかけ成長するめの勉強会です。

ココには、各会社から集まった社員達がチームとなって、自社の中での高い高い目標を掲げ、10か月間の勉強会を通して、参画しているほかのチームとの相互支援のもと、その高い高い目標をクリアし成果を上げて、その成果の発表会が年一で行われるアワードでした。

予選を勝ち抜いて発表する彼らの姿は、ほんとに感動の涙が自然と溢れてきました。
そうすると自動的に矢印は自分に……。

僕は彼らのように、自ら高い高い目標を設定して、その目標に向けてチャレンジしているのか?
今の自分の力を出し惜しみしていなか?
もっと、できる事があるのに、他人事、人任せ、明日やろうのバカ野郎になってないのか?

自分を考えるいいきっかけになりました。
皆さんもぜひ、このドラマチック・マネジメントアワード略してドラマネを覗いてみてください(^^♪

人間は目標を立てる時、ちょっと努力して超えられるぐらいの目標を立てる人と、決して超えらんないだろうと言う大きな目標を立てる人に分かれるそうです。これを教えてくれたのは、北九州にある伝説の美容室バグジーの久保先生でした。

「香取くん、それぞれの美容師さんを集めて、来年度の売り上げ目標とかをかんがえるじゃない。そうすると面白いんだけど、目標の立て方でその人の来年が見えてくるんよね」
「へぇ~そうんですかねぇ」

「うん、例えばね、来年度の目標を立てる時に今年の実績ってのがあるよね。これをもとにみんな設定していくんだけど、大体の美容師さんはね、今年これぐらいだから、来年はちょっと頑張って、これくらいって110%とか120%とかで落ち着くんよね。
でんね、そうして手が届きそうな目標にしている人たちは蓋を開けてみると、みんな今年よりも少し落として90%とか95%とか、今年の実績にすら達しないんよね」

「へぇ~そうなんですか‼
不思議ですねぇ~」

「うん、きっとこれぐらいなら達成できるでしょって事で、ちょっと気持ちが緩んだり、今の自分に満足しちゃったりするんかもね」
「そうか……でも、なんかそれ俺もわかります。恥ずかしいけど、自分もそうですもん(^^ゞ」

「まぁみんなそうなるよね。
でんね、逆に蓋を開けたら去年よりも1.5倍の実績になるやつもおるんよ」
「えぇ、どんな人なんすか?」

「それはね、アホなやつなんよ」
「アホ⁈」

「そうそう、アホなやつね(笑)
だいたい、みんな真面目に今年の実績を分析して、ココをこうして来年は110%目指そうって目標設定して、結果90%だったりなんだけど、アホは分析なんかせんでね。お前は来年の目標どうするん?って聞くと『えっ2倍で』って、何の根拠もなく2倍とか言いよるよ(笑)」
「えっ2倍ですかっ‼
そりゃ無茶苦茶ですね」

「でしょ。だから僕もね言うんよ。『お前、2倍って、単純に考えても2倍働かなむりなんよ。金額は2倍にできんから、客数を2倍増やすか、2か月にいっぺんに来る人を毎月来てもらうか、とにかく倍よ』ってね。それでも本人は大丈夫ですよっ俺には秘策がありますからって笑っとんよね」

「秘策……ですか」
「そうそう、要するに今まで通りやってても倍にはならないわけで、だから何か今までと違うやり方や方法を撮らない限り無理なわけよね。でんね、結果2倍にはならんけど、そいつが150%160%と最高の成果をだすんよね」

「実際にはどうやってそんなになるんですか?」
「そいつがやったのはね、突然夏ごろに俺の所に来て『先生、俺ちょっとこの資格取りにいきたいんですよね』って紙を持ってくるんだよね。みたら、その用紙は印鑑を掘る資格が取れる用紙やったんよ」

「えっ印鑑を掘る資格ですか?」
「そう、美容師だから関係ないでしょ(笑)」
「確かに紙を切るのと印鑑は関係ないですよね」

「でんね、そこが彼の秘策だったんよね。
印鑑を掘る資格を休みの時に取りにいった彼は、年末に現れるなりパンパンのコンビニの袋を4つぐらいぶら下げて現れてね、『先生、見てください』って袋を開けると、山のように出てきたのが印鑑だったんよ。それで『いやぁ~やっと間に合いましたよ。これ全部お客様の名前の印鑑なんですよね』って(笑)
彼は仕事が終わった後、一生懸命にお客様一人ひとりの印鑑を掘っていたんよね。そうは言っても彼は人気スタイリストだからね、自分のお客様だけで600人居るわけよ。その全員分の印鑑を掘っていたんだよね」

「スゴイ……」
「でしょ、それでこの印鑑を年賀状を送る時に、今年は印鑑を掘る資格を取りましたと、お客様のを掘りましたからぜひ、いついつまでにお店に取りに来てくださいって、作った印鑑を押して投函するんだよね~」

「おぉ~もう何屋なんかわからんですよ」
「でしょ(笑)
でん、自分の名前の印鑑だもんね、そりゃみんな取りに来るわけよ。あっ一人だけ取りに来んかったって言ってたかな、その人のが気になるわね(笑)
そして、目標の倍にはならなかったけど、最高売り上げを達成しちゃったんだよね」

なるほどです。
自分の手の届きそうな目標も良いけど、決して現状では手の届かない、また一人では絶対に無理かもしれないって言う高い高い目標を定める事で、それを達成するには今の自分の枠を超えたところで発想したり、仲間と本気で関わらなければ、その成果は達成できないです。

この森さんが行っているドラマネも、高い高い目標を掲げることで、本気で仲間と関わったり、今の自分の知りうるやり方ではない所にある発想を持って成し遂げなければ成果はでないし、だからこそ各企業業種業態が違う人たちと相互支援していける事で、ともに勝つ事を学べるのかも知れません。

長い人生の中でたった10か月、高い高い目標にチャレンジする彼らがうらやましく思いましたし、それを本気で支援している森さんをはじめ、送り出す社長や関わるひとたちのお陰で、今までの自分たちでは決して立つことのできなかった頂上からの景色が見えるんだと思いました。

是非、皆さんの会社でも、このドラマネに参加してみてはどうでしょうか?

——————————————–
香取貴信 YouTube 毎週火・木曜日・土曜日 20時更新
https://www.youtube.com/channel/UChW1Yqdy_fbQiWnxiopcsPg

過去のブログはこちら
https://www.e-storybank.com/blog/

講演・セミナー・研修・執筆依頼よろしくお願いしま~す(^^♪
https://www.e-storybank.com/
——————————————–


2020年3月9日「あの映像があったから……(その仕事の先にあるもの)」

先日、NEC プラットフォームズさんで、出番を頂きました。
そこに行く前に、どんなお仕事をされているのかお聞きすると、NHKさんをはじめTVなんかの映像のソフトウエアなんかを創っておられる会社さんでした。

改めて考えると、カメラで撮った映像が、電波と言う見えないものを通して、僕らのお茶の間に流れているんですよね。これって凄いなぁって思いました。どうやったら、遠く離れた場所に今は8Kかなんかで、綺麗で細かい映像が送られ、モニターに再現されるのか、アホの僕にはさっぱりわかりませんが、スゴイ事だけはわかります(^^)

そんな中、講演の最後にお話させていただいていたのは、NHKさんの研修でも毎回話している事でした。

2011年3月に東北を襲った東日本大震災。
津波で多くの人が犠牲となりました。

僕の東北の仲間にNHKさんに研修に行くんだよって言ったら、ぜひお礼を伝えて欲しいって言われました。
それはあの時、同じ場所で避難していた人から聞いた話だと教えてもらいました。

その方は、あの日大きな津波がくる中、仕事をしていたのですぐに家には戻れず、津波や停電、道の崩壊などで、やっと家の近くに到着したそうです。もうそのころには日も暮れていたそうです。

高台から見た自分の家のあった場所は津波で流され、まだ水が引いていなくて町ごと水没……。
家に居た家族は……そう考えるだけで足がすくみ、頭の中は真っ白に……。

それでも、どこかの避難所に居るかも知れないと必死になって避難所を回って自分の家族を探していたそうです。

しかし、家の近くの避難所に行ってもどこにも家族は見つかりませんでした……。
もうダメかという思いと、まだどこかに居るはずだと言う思いと、もうぐちゃぐちゃだったそうです。

そして、被害から1週間ぐらいが経ったとき、自分の避難している避難所にTVが設置され、何気なく見ているとNHKの放送で、各避難所に避難されている人たちの名前が映し出されます。
ワラをもすがる思いで、その画面を見ていると自分の家族の名前が映し出されたそうです。
もうダメかとあきらめかけていたその方は、その場で泣き崩れてしまったそうです。

周りにも避難して家族と未だに会えていない人もいたし、津波で亡くなってしまた家族がおられる人も居た。だから、不用意に喜ぶことはできなかったけど、心の中で本当に良かったって思ったそうです。

その後、家族が避難しているその避難所を訪ねて家族と再会できたんだと。
そして、あの映像がなかったら、一人自分だけ残されたと思って、もしかしたら自ら命を絶って家族の元へとしていたかもしれないと。

そんな話を聞いたんだよって教えてくれました。
だから、NHKに行ったら、ぜひありがとうって伝えてねって教えてもらいました。

映像に携わる人たち、中継を行った人たち、色々な人たちのお陰であの映像が全国に流れました。
良い映像のソフトを作ればそれで終わりではなくて、その先に、自分たちが行う仕事のその先に、人の命さえ救えるような事があるんだと思います。

やっている事は、毎日同じことの繰り返し、面倒くさい事の連続かもしれないけど、そのおかげで助かる人たちがいます。

是非、皆さんが自分で選んだその仕事の先にあることを想いだしていきたいですね。

ありがとう‼

——————————————–
香取貴信 YouTube 毎週火・木曜日・土曜日 20時更新
https://www.youtube.com/channel/UChW1Yqdy_fbQiWnxiopcsPg

過去のブログはこちら
https://www.e-storybank.com/blog/

講演・セミナー・研修・執筆依頼よろしくお願いしま~す(^^♪
https://www.e-storybank.com/
——————————————–


2020年3月6日「夢のかけらを集めているよ‼ (すべらない話)」

現在コロナウィルスの影響で、ディズニーランドも開業以来初めての休園になってしまいましたね。コロナウィスルスの拡散を防ぐ為には仕方ないけど、アルバイトのみんなが心配ですよね。

そんなディズニーランドではカストーディアルとお掃除を仮の姿で行う園内の案内役が居ます。
僕の時代は今のように、トイブルーム(ホウキ)で絵を描いたり、なんてことはなかったし、もくもくとお掃除をしている印象だったんですけどね。

現在はやっぱり進化をしていて、お掃除をしている人に「何をしてるんですか?」とか、声をかけると面白い答えが返ってくるんだよって教えてもらいました。

そこで、まだ虎之介が小学校だったころに、教えてもらった事を実践してみる事に‼

その日は土曜日だったから、きっと学生のアルバイトさんだったと思うんですが、遠くから観ててもスイッチの入ったキャストで、ニコニコしながら掃除をしていて、ゲストと目が合うと(o^―^o)ニコって、笑顔があふれるようなそんな素敵なキャストでした。

僕は子供達3人にあのお兄さんに声をかけてみてと頼でみました。

「なぁなぁ、虎之介。
あそこでお掃除しているお兄さんが居るだろ?」
「えっ、あぁ、うん」

「あのお兄さんの所に行って、ちょっと可愛らしく
『お兄さん、何しているの?』て質問してきてよ‼」

すると、クールな虎之介が

「えっ、何、父ちゃんわかんないの?
あれ、掃除してんだよ」
「そりゃ、父ちゃんもわかってるわ(笑)
小学生のお前たちが、何してるの?って聞いたら、なんて応えるのかを聞いてみたいの。
だから、ちょっと行って来いよ」
「う~ん、じゃぁわかった」

そして、子供達3人がお兄さんの所へ近づきま、お兄さんに虎之介が声をかけたんです。

「ねぇねぇ、お兄さん、それ何してんの?」

するとそのキャストが、一瞬ニヤってして、来たかこの質問ってな感じで近寄って子供達にこういったんですねぇ~。

「今ね、僕はこうして、夢のかけらを集めているよ(^^♪」

すぐさま、虎之介が振り向いて
「父ちゃん、この人おかしいぃぃぃぃぃ」……と(笑)

そしたら、その後もそのキャストはぐいぐい来るんですね~。
きっと、子供たちが自分の言っている事に納得してないのがわかったんでしょうね。
3人に今度はこう言いました。

「あれあれ、おかしいな~
じぁ君たちには僕が何をしているように見えるの?」
「……えっゴミを集めてるんでしょ」

「ゴミぃぃぃぃ‼
そうか、わかった。まだ君たちは本気で遊んでいなんだなぁ~。
……よし、いい事を教えてあげよう‼」

「……」

「いいかい、ココ東京ディズニーランドは夢と魔法の王国なんだよ。
夢の国で、魔法の国なの。きっとまだまだ、本気で遊び足りてないんだよね。
もっと、思いっきり遊んで、本気で遊んでごらん。
そしたら、僕が夢のかけらを集めているように見えるよ‼」

そう言って、子供達の前で最幸の笑顔を見せると、今度は子供達3人が振り向き

「もう、父ちゃん、この人、キモイ~」
「キモイって言うな(笑)‼」

その後、そのキャストは子供達にキモイと言われながらも、ニコニコして手を振ってパークの奥に行ってしまいました。

たかがお掃除のアルバイトと言う人が居るかも知れません。やり方を教えてもらえば、掃除は誰にでもできることだと思います。それでも、自分の与えられたその掃除と言う仕事に本気で働いているその姿は、輝いていると思いませんか?

是非、コロナちゃんが終息して、15日からまた開園したら、スイッチの入ったキャストに会いに行きたいですよね。そして、ぜひスイッチの入ったキャストに色々と質問をしてみてください。皆さんの質問に夢を壊さないよに明るく応えてくれるはずです。

現在2万人の従業員のうち約9割りのアルバイトですが、スイッチ入れてほこりを持って働いているキャストに出会えると思います。

あっ、質問をする時には、スイッチの入ってるキャストに質問してくださいね。
まだ、当時の僕のようにスイッチの入っていないキャストも居るかもしれません。

そんなキャストに質問しないように……(笑)

「はっ、観りゃわかんだろ、掃除っ‼
ゴミ落とすなよ」って言われちゃうから(笑)

夢壊れる~( ;∀;)

——————————————–
香取貴信 YouTube 毎週火・木曜日・土曜日 20時更新
https://www.youtube.com/channel/UChW1Yqdy_fbQiWnxiopcsPg

過去のブログはこちら
https://www.e-storybank.com/blog/

講演・セミナー・研修・執筆依頼よろしくお願いしま~す(^^♪
https://www.e-storybank.com/
——————————————–