ブログ

「孫の未来へおもてなしジャパン‼」

先日参加させて頂いたひまわり甲子園で、最後の総評で中村文昭さんがお話してくれた、中国版のTwitterで多くの人たちにシェアされたお話が印象的でした。
その内容とは、中国から日本へ旅行に来た人が、母国の人達につぶやいた内容で、文昭さんの知り合いの中国人から教えてもらったお話でした。
我々中国の人達はなるべく早く日本に行くべきです。なぜなら日本には、私達中国人が見習わなければならない事が沢山ありましたと言う内容だったそうです。
先ず、日本に来て驚くのは道にゴミがひとつも落ちていないと言うことだったそうです。
母国中国では、ゴミを捨てる人の方が拾う人の数より圧倒的に多い。だから街中の道路にはゴミが散乱しています。
母国にいる間は、それが当たり前だからそこに気がつくこともなかった。でも日本に来てみたらそれが不自然な事に気づきました。圧倒的にゴミを捨てる人の方が少なかったのです。
このまま経済が発展して行っても、今のままの状態なら、我々中国はいつまで経っても国際社会の一員にはなれないのではないか?
そして一番びっくりしたのは、日本のお店です。旅行中色々な場所でコンビニを利用しました。もちろん何か必要な物を買ったりもしたし、何気なくお店に入るから買わない事だってある。何も買わないでコンビニを出る時、それはどこのお店でも同じように、従業員の人達が「ありがとうございました」と店を出る私に頭を下げるんです。
驚きました。きっとあの店が特別なんじゃないかって思って、意識して色々なコンビニに行ったけど、どのお店でも何も買っていない私にやっぱり頭を深々と下げるんです。私と同じように何も買わないで出ていく日本人の人達も居ましたが、同じように店員の人達はありがとうございましたと頭を下げます。でもその事に日本人のお客様は誰も驚いていないんです。
きっと日本では、商品を購入しようがしまいが、お店に来てくれた人たちは、皆さんお客様なんだとわかったんです。“わざわざ来てくださってありがとう”これこそが日本のおもてなしなんだと気づいたのです。
だからこそ、私達中国人は日本に行って感じてほしい。今こそ日本に行きましょうと言う内容だったそうです。
それを聞いて文昭さんは、今の日本にはどこに行っても中国をはじめ海外からの観光客が沢山来てくれる。もしかしたら、このツイートを見て日本に行ってみようって思ってくれてるかもしれない。
そんな中、日本中で観光客が急増してきて、その前までは、おらが村に観光客をとあの手この手で誘致して、いざ観光客が増えだすと、そこに住んでる人達から文句が出て、観光客に冷たく接してしまう。
これでは、せっかくツイッターを見て期待してくれた人達に残念な印象を与えてしまうのではないか?
だったら、今こそ僕らがスマホに翻訳ソフトみたいなんを入れといて、街で困ってる観光客の人達に親切にしてあげることができたら、やっぱり日本に来てよかったなって思ってもらえるんじゃないか。そんなお話でした。
僕はそれを聞いて、自分が台湾に行った時の事を思い出しました。
街で道に迷っていた時、飲食店でメニュー見て何が書いてあるかわからなかった時、あなた達は日本から来たの?って日本語で声を掛けてくれて、日本人であるってことだけで、どこに行っても親切にしてくれました。
後でわかった事ですが、僕が親切にしてもらえたのは、ちょうど僕から3代ぐらい前の日本人の素晴らしい人達が、台湾でしていた事が台湾の人達に伝わり、それが回り回って日本人だからってだけで僕に親切にしてくれたんです。
福島の“ぼんさいやあべ”さんじゃないけど、僕らの親切は孫の代に繋がる親切だと考えたらわくわくしませんか?
僕らの孫の代に国どうしが争い、その争いに自分の孫が行かざるおえなくなり、結果殺し合いをしなくてはいけない未来と。
たった今の僕らが行う小さな親切が、回り回って、やっぱり日本は素晴らしかったよって語り継がれ、孫の代では仲良くなって、平和で楽しい関係になれるかもしれないそんな未来。
僕らはどっちを選択したいのか?
やっぱり僕は、後者を選択したいと思います。
今は国同士があんまり仲良くなくても、僕らが今、日本に来てくれている、世界中の人達に親切にしていたら、きっと僕らの孫やその子の代には、仲良くなって、平和な世界を残したいと思います。
文昭さんの話を聞いて、大げさかもしれないけど、今、僕らが行う親切やおもてなしは、孫の未来を明るくすると信じて、僕もこれから観光客の人達に親切にしてみようと思いました。