スベらない話ぃ

スベらない話〜「覆面レスラー」

僕の小中学生時代、将来の夢はプロレスラーになることでした(笑)。とにかく小学校の頃観ていたアニメは、タイガーマスクとあしたのジョー、大好きな映画はジャッキー・チェンに、少林寺、ブルース・リー。戦うことが大好きな小学生でしたから、金曜日の夜になるとテレビの前で、新日本プロレスを観て、土曜日の夕方になると全日本プロレスを観て、たまにテレ東でやってた国際プロレスに熱狂していたプロレス信者でした。
当然、小学校の休み時間は、教室、廊下、校庭、体育館、至る所でプロレスごっこ。
家に帰れば、友達の家に行き、友達の兄ちゃんが読んでるプロレス雑誌を皆で見ては、誰が誰より強い。いやいやそいつより、こっちの外人レスラーのが絶対に強いとか、毎日そんなことを繰り返してました。
そんな小学4年生のある日。
キーン コーン♪ カーン コーン♪
「よっしゃ〜、休み時間だ〜‼
お前ら昨日のタイトルマッチの続きやろうぜ〜‼」
「イイね〜。ギョウザ〜(僕の昔のあだ名)、今日は絶対ぇ負けねえかんな‼」
「おい、ちょっと待ってくれ、今日はお前らに見せたいもんがあんだよ‼」
そう言ったのは、学年イチプロレスが大好きで、プロレスの事なら何でも知ってるフクちゃんでした。
「何だよフクちゃん、休み時間終わっちゃうじゃねえかよ」
「まあ、待てよ。
俺なこないだから、家で作ってたもんが出来上がったんだよ。お前らに見せてやるよ‼」
フクちゃんが、そう言ってランドセルから出してきたもんに、一同言葉を失います。
「ジャーん‼」
「うぉぉぉぉぉ〜。
コレ、チャンピオンベルトじゃねえかよ‼」
フクちゃんがランドセルから取り出したのは、工作用紙と折り紙やアルミホイルを使って作った憧れのチャンピオンの証、チャンピオンベルトだったんです。
「やっぱ、フクちゃんスゲぇ〜。
俺もベルト作りてぇ〜な。フクちゃん作り方教えてくれよ〜」
「俺も‼」
「俺も‼」
「わかったよ、そしたら今日学校終わったら、俺んち集合な‼」
「よっしゃー‼」
こんな感じで、商店街の文房具屋で工作用紙や折り紙や必要なもんを買って、フクちゃんの家でチャンピオンベルト作りが始まったりしてました。
ホント、小学生の男子はアホですね〜(笑)
チャンピオンベルトが出来上がると、今度は覆面を作ろうって事になるんですが、母ちゃんのストッキングをもらって穴あけて、そこにマジックで模様を描いて……。
しかしそこは小4の男子、頭の中のイメージと、出来上がった実物は雲泥の差……。
被ってみたら、ドリフターズのコントのように、銀行強盗役の志村けんそのもの(笑)
皆で大笑いでした。
そしてお正月が過ぎた頃、それぞれがもらったお年玉を持って、フクちゃんが調べてくれた、プロレスファンも納得の覆面ショップへ
僕を含めて6人の小4男子が、チャリンコを何時間も漕いでフクちゃんの調べてくれた覆面ショップに無事辿り着いたのです。
予想に反して、結構値段の高い覆面。お金持ちの柿田くんはお年玉に物を言わせて一番高いタイガーマスク。貧乏だった僕が買えたのは、100の顔を持つ男と言われ、チャンピオンにもなった事のある、ミルマスカラス……ではなく、その弟、ドスカラスと言う、ちょっと地味な覆面でした。
それでも、6人がそれぞれお年玉で買った、覆面を被って自転車を漕いで無事にフクちゃんちまで帰宅。途中、何人もの人が振り向き、すれ違う車の人達は間違いなく二度見、信号待ちのお婆ちゃんからは、「あらまっ」ってびっくりされながらも、気分はすっかり覆面レスラーそのものです(笑)
そして、フクちゃんの家で僕らは誓いを立てました。
「いいか、もう俺たちはもうただの小学生じゃねえんだ」
「そうだよ、俺たちは覆面レスラーだもんな」
「そう、これから先は、何があっても誰にも、素顔を見られてはいけないんだぞ」
「おう、覆面を取っていいのは、風呂に入る時と寝るときだけだかんな‼」
「よし、わかった。そしたら明日の始業式からは、学校でも覆面レスラーとして生きてこう‼」
「おう‼」
とにかく今考えるとアホなんですが、当時は真面目に覆面レスラーになっているので、冬休みが空けた、翌日の登校日初日から覆面を被って登校することに‼
当然、朝イチの班登校の集合場所では、注目の的に。
上級生からは
「香取っ何やってんだ 覆面取れっ‼」
って言われたり、下級生からは
「あっ、マスカラスの弟だ‼」
「香取くん、なんでお面つけてんの?」
とか……。
それでも前日に仲間と交わした約束を守るため、小さな声で
「オレ メキシコ キタ ニホンゴワカラナイ」
とにかく皆大騒ぎでした……。
それでも、覆面の上に校帽をかぶり、ランドセルを背負って登校班の列に並び、下を向きつつ登校する当時4年生の香取少年(笑)
途中で他の仲間と通学路で一緒になると、6人全員が同じように覆面の上から校帽をかぶり登校してきた事に、やっぱり俺たちは覆面レスラーだなと、言葉を交わさずとも、目と目で通じ合ってました(笑)
そして、教室に入るなり、クラス中から6人が注目の的に。
「えっ何だよお前ら‼」
「ねぇねぇ、フクだよな、覆面取れよ」
「香取ぃ〜、マーボも何やってんだよ」
「いや、俺たちはメキシコから来た。
香取でもマーボでもない‼ 文句があるやつはかかってこい。いつ何時、誰の挑戦でも受ける‼」
クラス中が「……」です。
それでも、ココまで約束を守って来た6人の結束は更に強いものに。
「いいか、俺たちは覆面レスラーだ。昨日約束した通り、素顔も正体もバレてはいけないんだぞ。どんな事があっても貫くぞ‼ それが闘魂だぞ‼」
「オウっ‼」
キーン コーン♪ カーン コーン♪
〜ガラガラ〜
「よ〜し、皆おはよう〜
始めるから、席につけ〜‼」
「ハイ、じゃぁ〜日直‼
うん、ちょっと待て、香取、中里、田中、それから、岡村、山田、柿田、お前ら何、かぶってんだっ‼
その覆面はずせ‼」
「……」
「たっく、はずせって言ってんだろ‼」
「うわっちょっと、俺たちはメキシコから……うわっ素顔が…」
「ほら、お前も外せって‼」
「…先生、やめてください」
「香取、お前も外すんだよ、ほらっ」
「いや…ワタシハ メキシコ カラキタ ……」
「何をゴチャゴチャ言ってんだ‼」
いつ何時、誰の挑戦でも受ける……。
僕ら6人の覆面レスラーの夢は先生が現れてわずか数十秒で終わったのでした……。
その日、先生に没収された、お年玉を全部使って買った大切な覆面を返してもらえたのは、5年生になってからでした……(笑)
ちなみに、3学期最初の学級通信には、学校に関係ないものを持ち込ませないように。そして、覆面登校禁止と書かれていました。
あっ、フクちゃんだけは、腰に巻いていた手作りのチャンピオンベルトも一緒に没収されてましたが(笑)