Daily Archives: 2020年1月22日

2020年1月22日「今日は60年に1回の最幸の日らしいよ」

先日、予約の取らない崔さんのセミナーで教えてもらったんですが、今日2020年の1月22日は最幸の日らしい。
3つの良き日が重なるのはそうそうないんだって言ってましたのでお知らせしますね~(^^♪

〇今年2020年は甲子年
干支は12だけど、その十二支それぞれに甲子とか色々とついていて、それが全部で60個あるらしいです。
なので、詳細に言うと、自分と同じ干支でも全く同じ干支の人は、60年経たないと出てこないってことで、これを一回りすると60年で還暦ってことになるんだそうです。
そして、今年のネズミ年は、ちょうど60種類の先頭を走る甲子(きのえのね)で、何かを始めるには最幸で、その後も末永く繁栄するって言われているみたいで、今から60年前に末永く繁栄していきますようにと作られたのが、僕らも良く知っている甲子園なんだそうです。
だから何かを始めて末永く繁栄して欲しいなって事を始めるのに最幸の年だそうです。

〇一粒万倍日(いちりょうまんばいび)
昔の人は、種を植えてその種でたくさんの実がなるには、この日がいいよって言う日で、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味があるんだって。だからこの日に何か成功を願って事始めをすると良いとされている日で、新しいお仕事や金銭に関すること、物を収納することなどに用いると良い日だそうです。

〇天赦日
天赦日とは字のごとく、天が赦して(ゆるして)くれる日。一年の中で最上の大吉日とされていて、天の恩恵にあやかり、何の障害もおこらない日とされているんだって。婚礼なんかは最幸らしいよね。

そして、この3つがそろうが本日1月22日なんだそうで、最幸の開運日だそうです。
何かをはじめたりすると、それが末永く繁栄していくそうなんで、投資をはじめたり、貯蓄をはじめたり、何かをスタートさせると良い日だそうです。

崔さんは、昔にそれを聞いて、甲子ではない年の2つが重なる時に、投資をしてみたら、凄い事になったんだそうです。

ちなみに、僕は定期預金を始めてみようかなって思います。
その通帳にボールペンで、欲しい金額を書いてお守りにしてもいいそうで~す。

それでは最幸の日のスタートを切りましょう

甲子年で、一粒万倍日・天赦日、ご先祖様ワクワクする日を創ってくれてありがとうございま~す(^^♪
😃😃😃😃